転職活動に関するQ&A
転職活動は退職してからの方が良いのでしょうか?
ケースバイケースですが、個人的には現職中のままをお勧めします。

退職してから始める転職活動と異なり、在職中の転職活動は忙しくて大変なイメージをもっている方もいらっしゃると思います。現職の仕事と同時に並行のため時間が取りづらかったり、疲労等から取り組む気力が湧かなかったりということもあるかもしれません。一方で在職中だからこそのメリットもございますのでどのような違いがあるのかを考察していきます。

在職中に転職活動を行うメリット
一番のメリットは経済面での安定です。在職中は収入が継続するため、に理想の転職先が見つからなくても、金銭面の不安を抱えることなく転職活動を続けられます。在職中に次の転職先が決まれば職歴にブランクが生じませので、スキルの低下や働く感覚が鈍ることも懸念しなくても大丈夫です。
状況によっては転職活動を再検討することもできますので、時間をかけて納得できる転職先を探すことや現職に留まるという選択も可能です。
在職中に転職活動を行うデメリット
最大のデメリットは自由に動ける時間が限られることです。書類の準備や企業研究、面接対策が不十分になりがちであり、面接の日時の調整もしにくいということが実情かと思います。平日以外や勤務時間外の面接に対応してくれる企業もございますが、面接のために有給や早退等の対応が必要な可能性もございます。
同様に企業が今すぐに就業できる人材を探している場合、希望に添えない可能性も出てきます。現職の引き継ぎが終わらず入社日が決まらない場合の「採用見送り」の事例も実際に発生しておりますので、転職活動を始める時期についても現職の状況踏まえて活動しましょう。
在職中の転職活動での企業の印象
「在職中の転職活動は応募先企業に与える印象が悪いのでは?」という声を聴くこともございますが、転職は労働者の権利ですので在職中に転職活動については問題ございません。その代わりに転職が決まったら責任をもって後任者への引き継ぎを行うことや、退職日の調整を行う必要があります。在職中である際には現在の仕事の状況等を伝え、「いつから入社できるのか?」といった質問にはある程度回答できるようにしましょう。
本人希望欄への記載
個人で在職中に転職活動を行う場合は、履歴書の本人希望欄を有効活用しましょう。現在働いている企業での就業時間中は、応募先企業からの連絡にすぐ応じることは難しいと思います。
本人希望欄で、「現在在職中のため、下記時間帯は電話に出ることができません。連絡不可の曜日および時間帯:月曜日~金曜日の8時~17時 左記時間内はメールにてお願いいたします」といったように、連絡がとれる曜日・時間帯や可能な対応方法を指定しておくと安心です。
最後に
個人的な意見とすれば前述の通り現職中のままで先ずは活動をされることを支持させて頂きます。現職中の方は仕事をしながら転職活動を行なうか、退職してから本格的に活動するかを選択することが出来ますが、一度退職をされた方は後戻りが出来ません。この「選択が出来る」という心のゆとりは後々大きな意味を持つと考えています。先ずは一人で悩まず、カウンセラーに気軽にお問い合わせ下さい。
わずか1分で
登録完了
登録する(無料)