転職活動に関するQ&A
営業職は大変なので、事務職を希望しても良い?
本当にあなたは事務職がしたいのですか?

営業を経験した方から相談を受ける中で多いのが「ノルマがきつい」「目標を追うのに疲れた」といった理由で、事務職にキャリアチェンジしたいというご希望です。転職市場においてはどうしても「営業職=大変」「事務職=楽」といった印象を持たれてしまうことが多いのですが、転職市場の実情について考察していきます。

営業職としてのやりがい
社風によってどの程度そのミッションへ注力する必要があるのかについては差異がありますが、営業という仕事のミッションとして、数字や目標を追うという事があるのは事実です。一方でどんなに良い製品やサービスを作っても営業がいなければその製品やサービスは売れません。営業とは会社の中でなくてはならない重要な存在のひとつであり、会社にとってかけがえのない存在であることも事実です。
今のあなたが営業職から離れたいと考えているのは、そもそも営業職が嫌なのでしょうか?それとも今の企業での営業職が嫌なのでしょうか?もう一度考えて見ましょう。営業職とは会社にとって無くてはならないかけがえのない存在です。
事務職の実情
派遣職員の活用やPCソフトの効率化等によって事務職は正社員での募集は減少傾向にあります。事務職としてキャリア構築を希望するためには、語学力や資格を取得することやより専門性を身に付けていく必要性があります。スキルを磨き続けるという営業とは違った側面を持つ関係から必ずしも一概に「楽」な仕事ということではありません。
募集枠が年々減少していく中で選考は厳しくなることが予想されますので、営業からキャリアチェンジを図る際には事務職経験者との選考の仲で選択されるPRポイントが必要となります。ご質問にあるように「営業職は大変なので事務職を希望したい」といったお気持ちであれば、選考の通過は難しいことが予想されます。
営業職の実情
現職で営業職を選ばれた方は、なぜ営業職を希望されたのでしょうか?「人と話をする事が好き」「たくさんのことに興味がある」といった好奇心旺盛な方なのではないでしょうか。カウンセリングの中「数字や目標は大変だったけれども、お客様と会って話をする事は楽しいです」と話される実例はとても多いです。
私個人としてはそのお気持ちを大切にして頂きたいと感じております。今の気持ちやこれまでのキャリアを捨ててしまうのはもったいないのではないか?と感じてしまいます。最近は営業職の中でも個人の目標値の無いものや「フォロー営業」「反響営業」といった営業という一般的な営業職のイメージとは異なる営業職での募集も増加傾向にあります。どうしてもキャリアチェンジを大幅に図ると年収ダウンの可能性も高いことから、ネガティブなイメージのみでの闇雲なキャリアチェンジは再考頂きたいと考えております。
最後に
カウンセラーは本件のようなご質問を日々お受けしております。キャリアアドバイザーと一緒に「何をやってきたか」「何がしたいか」「何ができるか」等を色々な角度から検討していきましょう。先ずはお気軽にご相談ください。
わずか1分で
登録完了
登録する(無料)